AbstractClub - 英文技術専門誌の論文・記事の和文要約


[インデックス] [前の号] [次の号]

Science December 23, 2005, Vol.310


作用中に捕捉された多種薬剤輸送体(Multidrug Transporter Caught in the Act)

多種薬剤輸送体は細菌中で見出された内在性の膜タンパク質であり、広範囲の薬剤を吐き出し、様々な細菌感染の治療を複雑にさせている。この種のタンパク質の一つ、EmrEはプロトン-依存性の輸送体であり、テトラサイクリンを含むプラス帯電する疎水性の抗生物質への抵抗性を付与する。Pornillosたち(p.1950)は、転位置基質、テトラフェニルフォスホニウムと複合体を形成したEmrEの構造を3.7オングストロームの分解能でもって報告している。2つのEmrEポリペプチドが2量体の界面に結合した基質と非対称の逆平衡の2量体を形成している。この構造は、非対称の転位置経路が一方向性の輸送を与えるというメカニズムを示唆している。(KU)
X-ray Structure of the EmrE Multidrug Transporter in Complex with a Substrate p. 1950-1953.

ジルコンの話(The Zircon's Tale)

地球で最も古い保存された大陸地殻は約40億年前であると年代測定されており、それは地球が形成された時(45億5千万年前)からずっと後である。そのため、それ以前にどの程度の大陸地殻が形成され、マントルの中に再循環していたのかということが大きな疑問であった。オーストラリアのある古い年代の岩石は、さらに古い年代の岩石から再循環していたジルコンの残存鉱物結晶を含んでいる。ジルコンはウラニウムを含んでおり、それらは44億年前まで遡る年代が測定されている。Harrisonたちは(p.1947. Amelinによる展望記事参照)は、これらの多くの数の古い年代のジルコンからルテチウムとハフニウムの同位体を分析した。この同位体系は、地球上で主な珪酸塩貯蔵物(silicate reservoirs) の分化に関する情報をもたらす。主要な大陸地殻は、地球上でおそらく45億年前頃に形成されていたに違いないことを示している。(TO,og)
【訳注1】地球は,45.5億年前に形成されたにもかかわらず,いままで,40億年の岩石(鉱物;ジルコン)しか,見つかっていなかった.ところが,今回,44−45億年のものが見つかったので,形成から1億年以内に,すでに,地殻は,形成され始めていた,ということ。(og)
【訳注2】silicate reservoirs のレザバーとは,マグマ溜りのこと。(og)
Heterogeneous Hadean Hafnium: Evidence of Continental Crust at 4.4 to 4.5 Ga p. 1947-1950.
GEOCHEMISTRY: A Tale of Early Earth Told in Zircons p. 1914-1915.

植林を調査する(Seeing the Forest for the Trees)

植林は大気の二酸化炭素の濃度増加を緩める可能性を秘めた重要な手段であるとともに、植林の必要とする水源と土壌に影響を与えている。Jacksonたち(p. 1944)は、“実地調査”と“地域の経済的モデリングと気候モデリング”、及び“すでに公開された600以上の観測記録”とを組合せ、これらの今まで往々にして無視されてきた影響を解析し、植林が周囲土壌を塩害化し酸性化し、利用可能な水の量を大幅に減らすことを示している。彼らは、“植林が実際に研究されたケースの10分の1以上で近くの河川を枯渇させ、流量が平均半分に減っている”ことを見つけた。これらの発見は植林による利点だけでなく、炭素固定化の問題点を照らし出す助けになるはずである。(hk.nk)
Trading Water for Carbon with Biological Carbon Sequestration p. 1944-1947.

火星、その上と下(Mars, Above and Below)

火星探査機 Mars Expressは、MARSIS (Mars Advanced Radar for Subsurface andIonospheric Sounding)と呼ばれる地表下および電離層探査レーダ装置を搭載して、レーダ波により火星を撮像し続けてきた。レーダ波は、地表面とキロメートル単位の厚さがある極冠氷も貫通して、地表下の特徴を明らかにする。Picardiたち(p.1925,11月30日にオンライン出版)の記述によると、そのデータから火星の北極近くの氷を多く含む堆積物の底部が明らかになり、クリュッセ・プラニシア平原(Chryse Planitia)における地殻は固く、そして直径250キロメートルの埋もれた円形クレータを示している。レーダエコーはまた、火星の電離層に関する情報を明らかにしている。Gurnettたち(p.1929,11月30日オンライン出版)は、電子密度の急激な変化と傾きのある場所で反射が起こり、そして特徴的な振動数シグニチャを伴っていることを示ている。電離層の多くのスキャン画像の中で、Gurnettたちは、火星の地殻に保存されている残留磁場が強い地域における斜めエコー信号(oblique signal)を含む一連のエコータイプを記録している(TO,Ej,tk)
Radar Soundings of the Subsurface of Mars p. 1925-1928.
Radar Soundings of the Ionosphere of Mars p. 1929-1933.

制御された核スピンの変換(Controlled Conversion)

磁場の無い場合に、孤立した水素原子の二つの核スピン状態は完全に同一である。しかしながら、一個以上の水素原子を持つ分子では、スピンがお互いに相互作用して、全エネルギーはスピンの向きが揃っているかどうかで僅かに変化する。星間空間のような低圧下において、この種の異性体の相互変換は殆ど理解されていない。Sunたち(p.1938;HougenとOkaによる展望記事参照)はエチレン(C2H4)の4個の核スピン異性体ごとの赤外光吸収の差異を用いて、異性体の中の一種のみが欠乏した非平衡のガス状集団を作った。このガス状の試料の進化をモニターする事で、彼らは似たような反転対称性の異性体では効率的に相互変換するが、逆対称性の異性体では変換しない事を示している。(KU,nk)
Separation and Conversion Dynamics of Four Nuclear Spin Isomers of Ethylene p. 1938-1941.
CHEMISTRY: Nuclear Spin Conversion in Molecules p. 1913-1914.

マイクロRNAと線虫の加齢(MicroRNAs and the Aging Worm)

マイクロRNAはヒトを含めて多様な生物に存在しており、細胞分裂や細胞死といったプロセスを制御している。BoehmとSlack(p.1954)は、加齢を含めた機能へとそのレパートリを拡大している。線虫(C.elegant)において、幼虫ステージでの細胞分裂パターンにおけるステージ-特異的なタイミングの鍵となる制御因子であるマイクロRNAの一つ、lin-4が、又、成虫での寿命と加齢の速さに影響している。このマイクロRNAとその標的であるlin-14はインシュリン/インシュリン様成長因子-1のシグナル伝達経路に作用して、寿命や加齢のタイミングに影響を及ぼしている。Lin-4の欠如は虫の寿命を短くする。このように、共通のメカニズムが二つのプロセス、即ち発生と加齢のタイミングの制御を行っている。(KU)
A Developmental Timing MicroRNA and Its Target Regulate Life Span in C. elegans p. 1954-1957.

アミノ酸の補給線を確保する(Maintaining the Amino Acid Supply Chain)

タンパク質合成の効率や忠実性は、生物細胞が多様な環境で生き延びるための決定的要因である。Vabulas と Hartl (p. 1960)は、アミノ酸の供給に緊急の制限を加えた場合でも、既存タンパク質のプロテアソームの分解により哺乳動物の細胞の生物発生を継続させることを示した。アミノ酸の不足は、プロテアーソム抑制の数分内に深刻な細胞内のアミノ酸プールの欠乏を招き、同時に、タンパク質翻訳が出来なくなる。新生のポリペプチドも、新しく合成されたポリペプチドも両方とも、プロテアーソムの分解から守られる。高々、数パーセントのポリペプチドが合成後、すぐに分解されることから、以前の予測に反して、タンパク質の生物合成は極めて効率的なプロセスであることがわかる。(Ej,hE)
Protein Synthesis upon Acute Nutrient Restriction Relies on Proteasome Function p. 1960-1963.

肢の再生の見込み(Prospects for Limb Regeneration)

Salamander類(サンショウウオの仲間)は、失った肢を再生することができるが、人間が不幸にも手足を失った場合にもこの特質を使えることを目指して開発が行われている。Brockes と Kumar (p. 1919) は、両生類肢再生として知られているこの件についてレビューし、このレビューによってどの程度、これが哺乳類への幹細胞の応用と再生医療に新たな知見を加えるかを論じた。ゼブラフィッシュもヒレを再生することが出来る。芽体(blastema)と称する未分化細胞の塊がまず出来て、成長と分化を経て、ヒレに置き換わる。Whitehead たち(p. 1957; Antebiによる展望記事も参照) は、この芽体を形成するための必須のシグナル伝達因子の1つを同定することができた。ゼブラフィッシュにおいては、dob (devoid of blastemaつまり、芽体の欠如) が変異すると、シグナル伝達因子 Fgf20をコードする遺伝子に影響を及ぼす。この因子は再生だけに関与しており、通常の胚発生には関与してないように見える。(Ej,hE)
Appendage Regeneration in Adult Vertebrates and Implications for Regenerative Medicine p. 1919-1923.
fgf20 Is Essential for Initiating Zebrafish Fin Regeneration p. 1957-1960.
PHYSIOLOGY: The Tick-Tock of Aging? p. 1911-1913.

記憶の形成と想起を観察する(Observing the Formation and Recollection of Memories)

脳の機能画像化装置による最近の大量データの解析から、記憶された刺激を呼び出すことと関連したニューロン活性のパターンが明らかになってきた∞亀緇荐喝綽純⒢倶膣≫賢c潟㏍潟若莟<贋七帥潟蕁室闌寬 厩恭❼荐羝羇紙宴活儀倶㏍菴腴茴劫莟<冴羶❼c怨羆腟ョ激腟蟐菘 錫跫站髟阡緇 紗墟藁脳秩苡鴒㎎鞳竕肅衷鶯蜒瘡 巣 會繝繖纉 吶蜈汀鱸鈑 羅迴鴒 嚆癇竏鹿嘖厦稜 守情 厩恭⑰攻峡鹿蘊 鹿碎閭鞫 取皷淏酋 釈 釶辣就隸唖 取仮紊с≪違吾葹跛緕芍鈑 附逡鈬 堤鴦蜚弟芻瓸 鹿莢 с膤祉篌紊篏完罕峨潟㏍括絽吾紊⒤絎剛⒢菴罕罕絎剛ず腮∴罎❼紊⒤㏍⒢罕絖g儀ゃ<縺 赱逅鱚棈с潟絎剛孟鶇㍾荀綵若⒧昆⒢⒥≦宍趙纈潟膤祉膣域с坂罕就罘⒥綣究宴ず厩薫❼㏍激緇孟呶❼厰隈紊с隈若潟c⒥罕潟御箙渇絎剛号⒢嵬吼罕純⒢gу膈咲篋膈茯荀貌 錫跫站髟阡緇 紗墟藁脳堤鴦蜚瘤弐釿闔 閹 槍瘰 附逡鈬 吶竇頸闥蜴 捕纉帙鶯繧鱇鹿嘖厦稜 守情 厩薫⑰昂凱鹿蘊 鹿碎閭鞫 取皷淏酋 釈 釶辣就隸陰 取仮丈瘰蜆 听粡癆蜿閹 綜蜊瘡鶇 鹿莢 紊拘緇源荀違若違若≫c茘域違сc㏍❾蕁召㍼若⒢㍼с呰諱黹<遵筝莎傑蚊罩翫筝絲丈荀隰 厩崖障纈迚蜴篋с❼с篁c若В純罨c冴篋ャずゃcc≪腓榊⒤絖荐惹緇活蚊眼貌 錫跫站髟阡緇 紗墟藁脳綜蜊瘡 当闌蜿瘤酪跂笊赱嚔芬癆閹 听粡癆蜿銖 衷逅鱚齠繖 蜴 夂辣鹿嘖厦稜 守情 厩崖⑰抗軒鹿蘊 鹿碎閭鞫 錫跫站髟阡緇 紗墟藁脳砥鰐孕貧虜 蕪 醍逮鈑 蜴 綜蜊瘡 当闌蜿吶瘡深墟藁脳 守情 厩碓⑰恒窺鹿蘊 鹿碎閭鞫 取皷淏酋 釈 釶辣就隸旺 取仮韶蜴肬立 鹿莢 ゃ禄媾麓齦霈黄鹿齦霈 莟蚕絮㍼障⒣с⒧莖⒢綵∽堺❼帥ゃ潟号㍼荵糸㍾ャ綵劫с悲嵓闔 ㍗拘羽 ❼篋㍼篌主膣≪㏍腦冴≪若腦冴❼х舟㍽≪喝❼⒢後叱膩倶В潟僚媾罕筝㏍室腓冴綺∽荐腟筝茹f膣膣㍼絖罸篋堺 錫跫站髟阡緇 紗墟藁脳囮銓蒹皷閹 附蜆綜瘡閾閹 將瘤甯 撫郤墟藁脳 守情 厩官⑰拘凱鹿蘊 鹿碎閭鞫 取皷淏酋 釈 釶辣就隸晦 取仮筝膣鴻違潟喝腟篁蜴謇鈑 力 會閼闔 瘤會闢芟瘤粡囮銓蒹皷蜴 侮肚瘢轣闔 鹿莢 坂抗蕁源荀綽鎧㍾完後腦㍽絨鴻違潟喝障哩辜<絖g窮с筝膣膣激㏍㏍蚊若⑱若膣域筝㏍娯篏怨厩橋❼筝膣膣筝膣激㏍㏍蚊若⑱吟哭㏍筝膣激㏍㏍蚊若⑱信蕋障膣羇紙ゃ膤祉娯篏с域⒥цゃゃ醜腴⒢貌菘 錫跫站髟阡緇 紗墟藁脳侮糒竕碎礼蜒 蜆囮銓葹黼 醍鈔鵺 哭礼闢甯癆纉瘤巣貯竚闖艱釶黼⑱鹿嘖厦稜 守情 厩橋⑰昂握鹿蘊 鹿碎閭鞫 取皷淏酋 若緕鮠 釈 蓿繙就蜴粤蔗迪⊂档潟鋼鹿畩 釈 蓿繙就噬蜈釿絖屋圧⑰憶峡蔗迪⊂桿歇 釈 蓿繙就噬蜈釿絖屋斡⑯碓峡蔗迪⊂梟♤歇昭霈 鹿竇銓纈 次⑬肬阡纈⑬ 儒痰跂 糘莉旭ア 硼鰾纈就唖 壇面嗤礎瀕能壇面仭陳瀕能⊂ 儒鮠 儒瘡蜃扈≪緕鬆 砒竢跫鮟■聿旭旭⊂ 守辯 齟秉〓㍊秒藁〝旭鬯芍罌 糘莉旭蒹蜃蔗就陰昭箴 鹿 鹿碎緇 錫鮠 次⑬跚鉉 真伸Ⅹ 儒痰跂 糘莉旭ア 硼鰾纈就唖 竇跛齔痺蜴臀竇跛鞜粐蜴臀⊂ 儒鮠 儒瘡蜃扈≪緕鬆 砒竢跫鮟■箙箙箙⊂ 儒痰跂 糘莉旭硼鰾纈就唖 竇跛齔痺蜴臀竇跛鞜粐蜴臀⊂ 儒鮠 儒竢踈鞜扈砒竢跫鮟■聿聿聿⊂ 儒痰跂 硼鰾纈就唖 竇跛齔痺繪鈑就唖 竇跛鞜粐蜴臀⊂ 儒鮠 儒箴 釈 蓿繙就蔗痕蜒闊闕甎⊂守辯 齟秉〓㍊秒藁瀏㍾蜀瘡蜃扈≪緕鬆 ⒢昭碣 守辯 齟秉〓㍊秒藁逅㍾蜀糘莉軌蒹蜃蔗就陰 硼鰾纈就唖昭箴 儒箴 釈 蓿繙就㍑鈔纔㍽譬昭蜊齟秉〓㍊秒藁潦溌芍罌 瘡蜃扈≪緕鬆 曹齡鱇笏柱鹿畩 鹿 鹿 鹿碎緇 鹿 鹿 儒鮠 儒竢踈鞜扈砒竢跫鮟■聿聿聿⊂ 釈 蓿繙就轣蛹索〟碵栴鱆蜒闊鎬褓⊂ 守辯 齟秉〓㍊秒藁瘟谺芍罌 瘡蜃扈竇銓纈昭 惹闔皷淏臭云 荀莖⒤ 釈 蓿繙就轣蛹索〟碵栴鱆蜒闊鎬褓⊂ 守穣〟粱蜴千祟齟祟鱸竢莅竢㍻霄昭 障 鹿肬銓 鹿 鹿 儒鮠 儒瘡蜃扈≪緕鬆 砒竢跫鮟■羔竅竅⊂ 惹闔竢跫鮟■彊旭恩⊂ 錫鮠守辯 齟秉〓㍊秒藁逅㍾蜀糘莉帰 蒹蜃蔗就陰 硼鰾纈就唖 鹿肬銓 鹿 儒瘡蜃扈≪緕鬆 砒竢跫鮟■羔竅竅⊂ 釈 蓿繙就闔笏⊂ 惹闔竢跫鮟■彊旭恩⊂碣 守辯 齟秉〓㍊秒藁逅㍾蜀糘莉碓蒹蜃蔗就陰 硼鰾纈就唖昭闔鹿畩鹿 儒瘡蜃扈≪緕鬆 砒竢跫鮟■羔竅竅⊂ 釈 蓿繙就仼蜴粤蔗迪⊂惹闔竢跫鮟■彊旭恩⊂≪宴碣 守辯 齟秉〓㍊秒藁逅㍾蜀糘莉碓蒹蜃蔗就陰 硼鰾纈就唖昭闔鹿畩鹿 儒瘡蜃扈≪緕鬆 砒竢跫鮟■羔竅竅⊂ 釈 蓿繙就縺鱆莚蜴粤蔗迪⊂惹闔竢跫鮟■彊旭恩⊂罎刈錫鮠 守辯 齟秉〓㍊秒藁逅㍾蜀糘莉碓蒹蜃蔗就陰 硼鰾纈就唖昭闔鹿畩鹿 儒瘡蜃扈≪緕鬆 砒竢跫鮟■羔竅竅⊂ 惹闔竢跫鮟■彊旭恩⊂ 錫鮠蕊庸 嘔箪〓㍊秒藁逅㍾蜀糘莉帰 蒹蜃蔗就陰 硼鰾纈就唖 鹿肬銓 鹿 鹿 儒鮠 儒竢踈鞜扈砒竢跫鮟■長長長⊂ 取鮠 惹闔皷淏就⑱⊂ 衷顆鱸艾屋圧 夘地衷㌕薬筮 糟鱸艾 鱚黼鴟繖 鹿肬銓 鹿 鹿 鹿碎緇 鹿 鹿 鹿碎緇 次⑬緕閹 肬阡纈⑬ 次⑬嚔囈鱇帙鴦蜿荻悪Ⅹ 首竰蜷鞳就癘癈竰蜷槇昭´ ⑬昭竰蜷 首竰蜷鞳就癘癈竰蜷槇 齟秉蜒闊鎬褓闕迴遲皷齡鱇鶩齠熬蜒闊㍻鵞昭竰蜷 次⑬杜脇 嚔囈鱇鶚Ⅹ 鹿硼糯 鹿蔗迪